ブログ版 空冷Zとの戦い

Kawasaki Z1Rの2型をいじっては壊すサイトのブログ版です。ヤフーブログのアーカイブです。放置もしくは不定期更新です。

林道ツーリング 七ツ森 泉ヶ岳

「オンロードでも走れそうな林道を探して」
と言われたとか言われないとかで、隙間時間で近所の林道へ。

目指すは宮城県の北西部、大和町と泉ヶ岳の間にある

「滝の原蘭山林道」
「高野原林道」
「太平桑沼林道」
「種沢林道」
「嘉太神林道」

たくさん書いたけど、一本一本の長さは10kmもないので、トータルでも20kmないんじゃないだろうか。

まずは七ツ森湖畔公園から南西に向かう。

 

f:id:z1r2:20210614190740p:plain

最初の林道は「滝の原蘭山林道」。
滝ノ原温泉 ちどり荘』が目印。

f:id:z1r2:20210614191318p:plain

全体的に難所はないが、最後の方がなだらかな下り坂になる。

f:id:z1r2:20210614191511p:plain

10分足らずで高野原林道にぶつかる。
ここを南(朴沢方面)に向かうと国道457号線に着く。
今回は北(スプリングバレー)へ。

f:id:z1r2:20210614192022p:plain

林道といっても舗装されている箇所も。
少し走るとまたダートロードになる。

f:id:z1r2:20210614192114p:plain

右手に見えるのが白糸の滝。

f:id:z1r2:20210614192255p:plain

f:id:z1r2:20210614192316p:plain

近くの渓流では釣りをする人も。
この後、一瞬だけクネクネした道となるが、ここもまたそれほどハードではない。
スプリングバレーを左手に道路を登ると、また林道が現れる。
次の林道は「太平桑沼林道」途中で升沢林道との分かれ道があるはずだが、右に折れると種沢林道となる。

f:id:z1r2:20210614192645p:plain

オフロードバイクであれば全く問題はない。
オンロードでいけるか?と聞かれると平らでしまった砂利道であれば問題はないのだが、急勾配になって砂利が深くなるとハンドルを取られたり、リアタイヤが空転して脱出できなくなる恐れもある。

f:id:z1r2:20210614193038p:plain

写真の腕が悪くて伝わらないのが申し訳ないが、そこそこの坂道。

f:id:z1r2:20210614193216p:plain

最後の方でヘアピンが続くが、落ち着いて走れば問題はない。
ただ、ゴロゴロとした石が多いので、巻き上げた大きな石ころが足に当たると結構痛いので、そこは要注意。
そして、こんな薄いチャンバーをつけたマシンで来るところではない(笑)。

f:id:z1r2:20210614193422p:plain

リングブーツにブーツカット
ナメたカッコで来てるけど、良い子は真似しないで。

f:id:z1r2:20210614193509p:plain

いったん、県道147号線に出て「風早峠の名水」を飲んで、ひと休み。
口当たりの柔らかい水だった。

f:id:z1r2:20210614193643p:plain

ラストが「嘉太神林道」。
最初はまあまあの道幅だが、途中からトレッキングコースのように急勾配かつ道幅が狭くなる。
若干、柔らかいところもあるので、スタックしたら厄介。
もちろん、普通のオフ車なら問題ないが、D604 を履いたDTは砂利をうまくとらえられない。
そんなところで転倒するのも嫌だし、なにしろ再始動はキック。
坂道の途中でそんなことはしたくないので、回転数を落とさず、減速は半クラで対応。
どうにか峠を抜けたと思ったら、当たり前だが今度は下り坂。
グリップするどころではないので、右に左に車体が流れ、最後はほとんど真横に向いたまま走り抜ける(笑)。

f:id:z1r2:20210614195213p:plain

最後は再び七ツ森に戻って終了。
林道スタートから終了まで1時間半という短い距離だったけど、それなりに楽しめました。
あとはここからさらに北へ向かい、加美町に抜けるのが楽しそう。
次回はそっちへ行ってみようと思います。

 

一時停止違反は年間90億円を稼ぎ出す警察のビッグビジネス

「止まれ」が不完全だったらしく捕まりました。
2点減点。
6000円納付。

道交法なので、そこは仕方ない。
警察が得意とするのが、信号のある交差点での合流ポイントでの「一時停止」違反車両の取り締まり。

地図で見ると、こんな感じ。

f:id:z1r2:20210614091156p:plain


薄くて分かりづらいかもしれないけど。
青のやじるしで描いたのが、ワタクシの動き。
AB間の信号は赤で、Dは渋滞気味。
CD間の信号が青になったので、合流へ進入したところで「一時停止していない」ということで捕まった。

ちなみにC方面から来る車両はゼロ。
ABの信号も赤で車両がこないことは確認済み。
安全を確認したうえで合流を徐行で入ったのだが、一時停止していないことで取り締まりの対象となったわけだ。

安全確認を怠ったとは100%思っていないが、道路交通法を無視したことは100%認めた。
誰かをいたずらに危険にさらしたり、迷惑行為をしたわけではないので、謝罪するつもりは100%ないけど。


ただ、法律を守らなかった、という容疑については認めた。
そこは「いやいや今のは停まっていたでしょう」とかゴネるつもりはなかった。
自分が停まったとして主張するなら、キップ(あの青い紙)にサインせず、法廷で戦えばいいのである。
実際、うちの近親者は、それで無罪を勝ち取ったことがある(笑)。

jico-pro.com

宮城県警をはじめ、各都道府県の警察はこういう「合流」ポイントが大好きである。
合流の辺りは警察車両や違反車両を停車させるスペースが確保されているから、捕まえやすい。

また、合流するために進むということは、自分が進む側の交差点の信号が青になっており、合流する側は赤、つまり「流れ」は停まっていることを事前に確認したうえで本線に進入するので、一時停止を軽視しやすい。


そういう「心の隙」をついてくるため、違反する確率が高いのだろう。
「嫌らしい!」
「セコい!」
と思うかもしれないが、反則金を売上として見た場合、ビジネスモデルとしては至極まっとうだ。

あてもなく違反車両を探し回るよりも、植えた果樹を収穫する方が効率が良い。
現に一時停止違反の取り締まり件数は、堂々の1位である。

 

www8.cao.go.jp

 

f:id:z1r2:20210614093258p:plain

仮にすべての違反車両が自動車(7000円)だった場合、平成30年は90億円あまりの反則金が納付されたことになる。

まさに濡れ手に粟のビッグビジネスだ。

もちろん、一時停止違反は重大な事故を招く可能性がある。
特に交差点では出会い頭の事故になったり、歩行者の通行を妨げることで取り返しのつかない結果になることがあるので、一時停止違反を取り締まることを揶揄するつもりはない。

だが、ワタクシが捕まったような場所で違反車両を検挙しても、運転マナーや事故率減少に貢献しているとは思えない事実がある。

たとえば…

kahoku.news

信号のない横断歩道で、歩行者を優先的に通行させないことで宮城県はワースト1。
これは、常に感じていることだし、身の危険を感じたこともある。
では、こういう違反車両を取り締まっているか、というとほとんど見たことがない。
住民の間でも「停まってくれない」と有名な横断歩道があっても、違反車両を停めるスペースが確保できない地点では取り締まりも難しいからだろう。

それに「歩行者が横断歩道を渡る」「その通行を妨げる車両がいる」というシチュエーションがなければ、多少速度超過しようが取り締まることは出来ない。

極論だが、その日、誰も歩行者が横断歩道を渡らない、クルマの流れが切れた時にしか歩行者が横断しない、という状況だと違反車両そのものが現れないことになる(サクラでも使えば別かもしれないが、それはそれで倫理が問われる)。

 

また、道交法違反を何とも思わない暴走族について。

宮城県警察/暴走族を根絶しよう によれば、こんな感じ。

f:id:z1r2:20210614100422p:plain

さすがに令和のご時世、グループ数も構成員も減少傾向だが、110番受理件数は波があるものの大きく減少したとはいえない(しかも、これは通報・受理した件数であり、警察署に直接相談した件数は含まれていない)。

だが、彼らの検挙に宮城県警マンパワーを割くことはないだろう。
警察24時のようなテレビ番組でも放送している通り、違反車両の追跡や検挙には、相当のリスクを伴う。
捜査員が命を落とすことはまずないだろうが、暴走車両、違反車両(特に二輪)を追跡して転倒もしくは事故を起こした場合、追跡した警察車両が事故を誘発したのではないか、と疑いの目が向けられ「無理な追跡が若者の命を奪った」などとセンセーショナルな記事を書かれ、調査を命じられれば、役職者の出世にも響く。


カネにキレイも汚いもないように、違反点数や反則金・罰金も同じであるなら、労せずして稼いだ方が、誰も傷つかないし、誰も悲しまない。

少なくとも警察組織の中では。

なので、我々としては「安全運転」「交通マナーを守る」は当然として、さらに「捕まらない努力」をするしかない。
内閣府のデータをもう一度、掲載しよう。

f:id:z1r2:20210614093258p:plain

これによって、何を狙っているのか把握する。
ベスト5をみれば、何に気を付けるべきかは示されている。
また、このような情報も開示しているので(ぜんぜんあてにならないけど)、活用できる。

腹の探り合い、騙し合いのようだが、我々も余計な納税はしたくないし、そういう運転によって結果的に交通事故が減少すれば、トータル的には悪くない話なのだ(納付金が減少した警察は、もっと他の手を考えてくるだろうけど)。

www.police.pref.miyagi.jp

生きるか死ぬか

東京五輪、やるのやらないので、いまだに揉めてる日本。
他の国は行くの行かないので揉めてますが。

 

新型コロナウィルスの終息って、何処に行ってもウイルスがなくなるとか、ウイルスを無視して生きても平気な状況をイメージしていると思うけど、多分、それは相当先の話になるでしょう。

たとえば、破傷風ワクチンのように規定通りに打ったら10年くらい抗体が持続します、というものだったら別だけど。

あるいは、飲んどけば、3日くらいで動けるようになりますよ、という抗ウイルス剤が流通したら別だけど。

だから「終息した」は「病床利用率が〇〇%以下で推移した」とか、何かしら線引きを決めて「もうこの辺でいいんじゃない?」と定義づけたところが「終息」なんでしょう。

というのも、これを書いているのは2021年の6月なんだけど、2020年の6月と根本的に何かが変わったか、というとそんなことないでしょう?
ワクチン接種は始まったけど、押さえ込めているわけじゃない。
多数の業種への休業要請や全国規模の休校などは無くなったけど、それは感染者数が減ったからではなく「決定的な対策とまではいかなかった」からでしょう。

そんで学校を休みにしたり、お店に休業させてお金ばらまく方が、もっと大変なことになる、という判断に至ったんでしょう。

じゃあどうすればいいのか、という話になると、理論上は全人類が14日間、誰とも接触しないで、できるだけアイソレーションしてれば感染者数は増えない。
ロックダウンもやってみたけど、撲滅とまではいかなかったわけで。

東京五輪もあれこれ騒いでいるけど、のべ14万人くらいの人たちが集まった野球のセンバツとか、鳴り物OKにした高校野球は?

全国各地から選手や関係者が集まる大会なんか、対策やってます、というアピールしながら開催されているし、プロ野球だって観客数制限しながらやってる。

PCR検査という一応のフィルターを設けているし(そんなの完璧じゃないとか言い出したら、もう何も出来ない)、各国の選手やチームにも行動制限させている。

オリンピックを「人の往来」と定義づけるなら、同規模で移動するもの(それこそ電車通勤も)をすべて制限しないと理屈が通らなくなる。
でも、それじゃコロナで死ななくても、収入を失って、家も失って、家族もバラバラになって…と、別の原因で死ぬかもしれない。

f:id:z1r2:20210611094336p:plain

コロナウィルスで亡くなった方は、およそ13000人(累計)だけど、こういう形で命を落としている人のことも忘れてはイカンでしょう。

医療の方々、現場の方から研究者の方が五輪を反対するのは当たり前。
これ、何かに似ていると思ったのが、バイクの安全に関するドレスコード議論。

バイクに乗って死なない、ケガをしないようにするには、やっぱり装備は大事。
フルフェイスにプロテクターは最低限必要でしょう、と。
特に事故で大怪我を経験している人、それで大事な人を失った遺族たちは、語気を強めて言うわけですよ。

でも、世の中にはジェッペル、半キャップ、半袖などの軽装でバイク乗る人もいるわけです。
デリバリー系の仕事しているライダー(郵便配達、新聞配達そのほか)は、グローブもしていないこともある。
彼らだってフルフェイスとプロテクターつきの革ツナギ着ないと危ないだろう、という話になるわけで。

郵便配達の人がフルフェイスで書留もっていって「ハンコ下さい」とは言えないから、やっぱり脱がないといけないし、それをいちいちやってたら仕事にならない。
仕事にならないから命を犠牲にするのか、とかね。

多分、そこは永遠に答えは出ないでしょう。

 

個人の意見としては、五輪に限らず、どうやったら元に戻せるか、という議論をやった方がいい。
急には元に戻せないにしても、やっぱり飲食店の営業は厳しいし、それによって収入が激減している人たちが大勢いる。

「仕事と命、どっちが大事」という二元論じゃなくてね、どうやって生きていくかを考えていかないとね。

原発は反対です、でも原子力によって生まれたエネルギーは使わせてもらう、みたいなダブルスタンダードになっちゃうんじゃないのかな。

峠道を走った一日

この日は結構ハードだった。
朝、5時前に起床、ささっと身支度を整えて向かった先はクルマで港。
何か釣れるかな、と思いきや何度目かの坊主。
時期が中途半端なのか、潮がよろしくないのか。
この海でマトモに釣れた試しがない。
GWが開けて、もう少し暖かくなってからのサビキ釣りの方が安上がり?
8:30に完全撤収。
アオイソメで海を汚してゴメンなさい。
カニなり小魚なりが、有効に消費してくれることを願うばかり。
来月、風に初夏の香りが乗ってきたら、リベンジしてみよう。

早起きは何文の得なのかは分からないが、このまま休日を終わらせてもシャクなので、朝飯をかき込んでタンクの燃料キャップを開けてみる。
波打つガソリンが見えるが、ちょっと頼りない。

どうやらリッター18kmは走るZだったが、今回は出番なし。
というのも、家の近所で木製電柱の撤去作業が始まり、あろうことか私道の入り口にやぐら(足場)を組まれてしまったのだ。
取り回しの悪いZを足場の単管にぶつけてもシャクなので、今回はバナナの生まれ変わりのような2スト原チャリで出掛けることに。

こっちはこっちで燃費があまりよろしくない可能性があるのだが、こないだMJ(メイン・ジェット)を純正レートまで下げたので(ついていたのは、かなり大きめ)、ドッカンパワーは失われたものの、軽く乗り回せるはず。

近所のセルフで満タンにした後、峠道を目指して走る。
ちょっと前まで住んでいた街は山のふもとと言ってよい場所で、ちょくちょくテスト走行に来ていた。

しばらく走っていなかったダム湖から、東北を南北に隔てる山の中へ入る。 

最初は道路の幅も広いため、ややブラインドだが初見でもビビリミッターはそれほど効かせる必要はないハズ。
下り終わって再び道を登ると、一気に道幅が狭くなり、ブラインドのうえヘアピンコーナーが続いてリズムを狂わされる。
ビビると目線が下に落ちるので、コーナーの出口に目を向けておく。
季節によっては落ち葉がたまったり、山から湧き出た水が川になることもあるので、慎重なライディングが必要だ。
とはいえ、それほど長い区間ではないので、山を下ると田園風景が目に入る。

ここからSUGOを目指して、岩沼に続くワインディングを走るのも良いが、今日はこのまま蔵王まで入る。 

ちょっとマイナーな峠道を目指して走る。
古い歴史ある街道らしく、ルートの前には「羽前街道石碑」が立っている。

ここから入っていくと、こんな感じ。

f:id:z1r2:20210426153738j:plain

www.pref.miyagi.jp

どうやら、かつては重要な街道のひとつだったらしく、東北有数の大名がここを通った記録も残されている。

さらに進んで、峠道の頂点あたりが「四方峠」と呼ばれるあたり。
道のわきに駐車スペースがあり、そこから遊歩道とは言い難い、ちょっとした登山道を登っていくと、このようなやぐらが立っている。

f:id:z1r2:20210426172651j:plain

f:id:z1r2:20210426172750p:plain

倒れた石碑には、源義経をかくまった奥州藤原氏を討伐すべく、源頼朝が送り込んだ討伐軍と藤原氏の戦いが展開した激戦区であることが示されている。
どういう経路でやってきたのか歴史に詳しくないので分からないが、ここが最前線であれば、なるほど周囲を良く見渡すことができる。

f:id:z1r2:20210426174231j:plain

f:id:z1r2:20210426174439j:plain

多くの兵がここで戦ったのだろうか。
峠道を下ると、結構、道が険しくなる。
カフカの砂利ではないが、えぐれている箇所もあったり、Zだったらちょっとキツかったかもしれない。

f:id:z1r2:20210426174743j:plain

こんな粒の大きな砂利があったりするが、もちろんオフ車なら大したことは無い。
むしろ楽しめる道。

f:id:z1r2:20210426174801j:plain

f:id:z1r2:20210426175014j:plain

思わず二度見するような看板が立っていたが、毒性の強い水が湧き出ているわけではなく、戦の時、ここに毒を入れようとしたことから、その名がついたという。
いまでは、道路整備で焼失したらしいが、その名残なのか、山肌から水が湧き出ているのが見えた。
峠道を突っ切ったら、川崎町に抜ける。

近くのスタンドで給油したら、セッティングに悩んでいた頃よりも倍の燃費に。
これだけラフに走ってもリッター18km近いのだから、大人しく走っていれば20kmは走るのではないだろうか。あ

秋保温泉街に到着した頃には、雲行きが怪しくなり、雨がポツリポツリ。
仙台市市街に向かうようにして国道286号線を目指す。

あまりにも腹が減ったので、この界隈では有名な中華料理店「龍宝 たべにおいで」でラーメン+半チャーハン。

f:id:z1r2:20210426180158j:plain

そんなに寒く無いと踏んで出発したのだが、山間部はまだまだ冷え込むようで、すっかり身体が冷え切っていた。
早朝、釣りに出かけた時に寒くなかったので、そのままの服装で出てきたのは失敗。
まだまだ、暖かいアンダーウェアは必要だった(笑)。

遅めの昼飯を楽しんだ後は、少し遠回りして帰宅。
距離は130km程度だったようだが、ほとんど休むことなく走りっぱなしで、お腹いっぱいになるボリュームだった。

ワインディングのカンも取り戻せたので、次はロングだろうか。

DT125R 34Xのイグニッションマッピングデータを探しています

f:id:z1r2:20210402083300p:plain

今のところ、有志の方が作った37Fのデータで動かしているけど、4000RPM以下の吹け上がりが、いまひとつ。
点火タイミングによるものなのか、キャブレター調整のダメさ加減によるものなのか。

パワーバンドに入れば、フロントサスが目いっぱい伸び切るくらい(リアがヘタっているのもある)、あっという間に「競技車両」になるのだが、燃費はリッター10を切るので非実用的。
4000RPMまでの実用域での使い勝手を良くしたい。

125CCならではの点火タイミングとパワーバルブの開度があるのだろうが、そのデータがないので、どうにもならない。
何処かに落ちていないものだろうか…

 

ヘルメットを新調したい

いまのヘルメット、相当使い込んでいるので…

新しいのが欲しいというか「無条件で買え」と言われた(笑)。

バイクがアレなんで、あまり仰々しいデザインというか、最新鋭すぎるのも何だし…
候補としては、コレだろうか。

結構、人気みたいね。
しかし、ヘルメットってこんなに高かったんだっけ?
かれこれ20年くらい昔のことなので(コラ!)、ぜんぜん覚えていない。
 
そう思って昔のMr.Bikeをひっくり返してヘルメットの価格を調べていたら…
まだノリックは生きていたし、ロン毛の生意気そうな兄ちゃんがオーストラリアをZで走ってるし、信哉さんのストリートアタックは今なら絶対炎上する内容だし…

ほんのちょっと前の話だと思ったけど、もう20年以上前なのね。
あの頃もバイク業界は「斜陽産業」と言われていたけど、まだまだ元気だった。
…なんて過去を振り返るのはよろしくないね。
ヘルメットはちなみにフルフェイスで4万円しないくらい。
いまも、セールで買えばそんなものだから、出ていく諭吉の人数はさほど変わらない、残念な日本経済、貧乏人のワタクシは大助かり、という感じです。

NURO(インターネット回線)を契約してみたけど。。。

いま利用中の回線とは別にインターネット回線を新規契約した。

選んだのがコレ。

 NURO光

SONYが母体になっている回線で、いまガンガン売り出している。
キャッシュバックの期待もあるのだが、ランニングコストも安かったので申し込んでみたのだ。

ところが、設置場所(集合住宅)の都合で工事が「不可」となりキャンセル。
こちらとしたら「いまさら、このタイミングで?」ということになり大騒ぎ。

居合わせた友人が「実はオレもNUROに切り替え契約して、屋内工事は直ぐに終わったけど、屋外工事は6月と言われて驚いた」と。

NUROダメじゃん、と思って別の会社に契約を切り替えたのだが、これまた工事は1か月も先。
何でそんなことになってるの?と聞いたら、コロナ禍でリモートワークやリモート授業が増加して、固定回線の需要が一気に高まったのだそうだ。

そういえば、2020年の春から夏にかけて、世間で「ステイホームに伴う在宅労働」が話題となった頃、PCデスクと椅子をセット販売して大儲けした社長がいたっけ…


ということはNUROの対応が悪い、というよりも、日本のあちこち、特に都会だろうけど、工事依頼が急上昇しているんだろうな…

というわけで、ネット回線を引こうとしている方々はお早めに。